自己破産の手続

自己破産とは、基本的に、現在所有している財産を手放す代わりに、現在負担している債務について免除してもらうという手続きのことを言います。ただし、特定の財産については、時価評価で99万円以下の財産であれば手元に残すことができる一方で、税金など特定の債務については免除の対象外となります。裁判所で行われる主な手続きとして、まず、破産者が有している財産をお金に換え、お金に換えた財産を債権者に按分で分配します。そして、免責が認められるか調査するの3つに分けられます。しかし、破産者の資産状況などにより、手続きの具体的な処理が異なってきます。自己破産や民事再生といった法的整理は、任意整理と異なり、借入先の同意なく債務を免除もしくは減額することができるため生活を立て直すのに非常に有効な手続きだといえます。しかし、例えば、一定期間の間は金融機関との間で新たな借り入れやクレジットカードの作成といった取引が困難となるといったデメリットがあることを知っておく必要があります。それでも銀行口座の開設はできます。また、自己破産する人の家族は全く関係がありません。自己破産の申し立ての本人だけが破産をすることになりますので、家族は今まで通り普通に生活を送ることができます。自己破産の手続きは破産申立書など確実に破産が行われるために専門的な知識が必要となりますので弁護士に依頼することをお勧めします。借入先への返済に追われる日々は本当につらいものですからぜひ、債務問題でお悩みの方は弁護士に相談することをお勧めします。