解決策は専門の弁護士に依頼

闇金業者は自らが違法で貸金業を営んでいることを自覚した上で、お金を貸しつけた者に対して強引な手段で取り立てをしてきます。また、近年被害が増えてきているソフト闇金業者は、従来の業者ほど強引ではない分、借主に対しては巧妙な手口で取り立てようとします。闇金業者に対しては、借主自身の手で対抗するのはほぼ不可能であり、解決するには他者の協力が必要です。
自身にふりかかった闇金問題を解決する場合の最良の方法は、この問題に強い弁護士に処理を依頼することです。闇金業者は、弁護士に介入されることを非常に嫌います。なぜなら、弁護士と下手にやりあうと、貸金業法や出資法に違反する業者であるとして警察に告発され、刑事罰に処されるおそれがあるからです。
また、過去の民事訴訟の判決の中では、違法な貸金業者との金銭消費貸借契約は無効であり、貸し付けられたお金は元本・利息ともに返済する義務はないという判断が出ており、弁護士が介入した場合はこの判断も根拠に借主に対して勧誘や取り立てをしないように求めます。中には抵抗をしてくる闇金業者もいますが、法律を根拠にしてくる弁護士に対抗出来る手段はほとんどなく、最終的に引き下がるケースが殆どです。
なお、弁護士に法律に関する問題を解決する場合には、相談料や着手金、成功報酬などから成る弁護士報酬を支払わなければならないので注意が必要です。弁護士報酬は決して安くはありませんが、闇金業者とのトラブルの解決依頼については、他の依頼より安い料金で引き受けてくれるところが多いので、躊躇せずに相談をしましょう。