押し貸しとは

突然、身に覚えの無いお金が口座に振り込まれ、闇金から高額の利子を要求される事例が後を絶ちません。これは 押し貸しと言って、お金を貸して欲しいと依頼していないのに一方的にお金を振り込み、貸付をしたかのように不当な利息の支払いを要求する悪質な手口です。
過去に闇金と取引をしたことがあるか、または現在すでに借入れしていて銀行口座の番号を知られている人がよくターゲットになります。なぜ闇金業者はこんなことをするのでしょうか。彼らの目的は延々と高利の利息を要求して巻き上げることにあります。決して元金の返済など求めておらず、長期間にわたって利息を取り続けることが真の目的です。
中にはネットオークションで落札相手に口座番号を教えたら、覚えの無い闇金からお金を振り込まれ返済を迫られたという被害の事例もあります。くれぐれも個人情報のやりとりには気をつけてください。
すでに完済したのにさらに貸し付けてくる、元金を返そうとしても返済を拒否されるなど、あきらかに押し貸しをされたと感じたら警察か弁護士、または司法書士に相談しましょう。また口座や携帯の番号など闇金にしられている場合はすぐに変更し、相手が押し貸しできないようにすることも大切です。
こういった闇金の押し貸しには返済義務がありませんので、利息の支払いは拒否しましょう。元金ごと踏み倒しても大丈夫です。返済する意志がないことを相手に伝え、しつこいようなら警察や弁護士に相談したと話せばほとんどの闇金は手を引きます。それでもしつこい場合は弁護士に間に入ってもらいましょう。