自己破産のデメリット

自己破産は法的に認められた借金への免責方法で、許可を受けることで民事的に借金の支払い義務がなくなるというものです。これまで返済に追われていた生活が一変してなくなるので、精神的にも楽になって余裕のある生活ができるようになります。そのため、自己破産は人生の再出発のために利用できる制度ですが、メリットばかりではないので利用する際には注意しなくてはいけません。まず、大きなデメリットとなるのは、免責が許可された時点で政府が発行する官報に名前が掲載され、その名前は消えることはありません。この情報を元にクレジットカードやカードローンの審査で使用される信用情報で活用され、金銭的な貸与ができなくなります。つまり、クレジットカードやカードローンなどのローンを受けることができなくなり、買い物は全て現金で行うことが必須となります。金額に上限はありませんが、全てを分割払いにすることができなくなるので、高い買い物をするとしても一括払いのみでしか対応できなくなります。一生涯にわたって利用できないというわけではありませんが、少なくとも5年は借入ができないと考えておきましょう。また、自己破産をする際には財産を持ったまま免責を受けることはできないので、土地や建物はもちろんのこと、20万円以上の査定額がついた自動車などは手放す必要があります。また、自己破産の手続き中だけですが、免責決定を受けるまでは警備員や士業など一部の職業に就くことができなくなるので、収入が激減するということも十分に考えられます。