自己破産したら闇金の取り立てはなくなるか?

自己破産したら闇金からの取り立ては無くなるのでしょうか。通常の場合、自己破産する前の段階の、自己破産手続きの依頼した弁護士からの申し立てを金融機関に通知をした時点で、金融業者は督促や取り立てをすることが法律上できません。普通の業者の場合、1人に督促をしただけで全店舗が営業停止処分になってしまうので、1人のためにそのようなリスクを負わずに債権を放棄し、督促や取り立てはなくなります。
では闇金はどうでしょうか。通常の業者は国や都道府県に貸金業として届け出をしてお金を貸し出しています。ですので、法律に従っています。しかし闇金は届け出をせずにお金を貸している場合がほとんどです。
ですので、ほとんどの場合法律に従わず、自己破産をしても取り立てを続けることが多いです。闇金の場合は、頻繁に携帯電話や家に電話してきます。家の敷地に入ると不法侵入として警察を呼ばれるので、家の敷地に入らずに家の前で大声で話しかけてきます。また1人ではなく数人で押しかけてきます。数人で家の前で叫ばれては、近所の人も知られ近所迷惑にもなります。闇金からの借金を返済しないと、自己破産をしてもこのような生活が続いてしまいます。
さらに、自己破産をしたことで他で借金ができないと闇金に知れ渡ってしまうと、今度は闇金からお金を借りないかという手紙や電話、家への訪問が増えます。対策としてできることは、警察に見回りを強化してもらうことぐらいしかありません。それでも取り立て自体を止めることはできませんので注意が必要です。