自己破産しても闇金から電話がくる理由

自己破産後は数年から場合によっては10年以上新たに金融機関から融資が受けられなるなどといった不利益が発生しますが、毎月の返済から解放され債務も無くなることから人生をやり直す一つの有効な選択として知られています。しかし複雑で時間のかかる手続きの後無事自己破産が認められ、多額の債務から解放された方の中には再び借金をして苦しんでしまう方も残念ながら一定数いるのです。各金融機関から借りられなくなるはずなのに何故このような状況に陥ってしまうのかといえば、それは自己破産者に忍び寄る闇金業者が存在するからなのです。実は自己破産すると、官報といって公的な書類に名前が記載されてしまい、紙媒体のものだけではなくインターネットでも確認することが可能になるのです。これは通常の金融機関が融資可能かどうかを判断する際には大変重要な情報ですが、それだけではなく官報とは国から国民に対して情報を知らせることを使命としていますから、国民であれば誰でも情報を得ることができ、例え犯罪行為を目的とした人物であっても現状その閲覧行為を規制することはできないのです。官報に載る人物というのは通常の金融機関にとっては借金を踏み倒す可能性のある信用力の低い人物ですが、恐ろしいことに闇金業者にとっては借金癖のあるカモと判断されるのです。ですので自己破産した後は官報を閲覧した闇金業者から連絡が入ることがありますが、その場合でも必ず拒否する強い意志を持ち続けなけばなりません。