取り立てが会社に電話

闇金は平気で会社にも電話をかけてくるので注意が必要です。
返済期日まで利息の入金をしていれば問題ありませんが、着信拒否をして逃げればすぐに会社に取り立てが行くでしょう。
闇金は不特定多数に融資をしていますが、事前に徹底して個人情報を収集します。
逃げられる可能性がある相手には、融資をしないこともあります。
逃げられてしまうと探し出すのが大変ですし、そこに大きな時間と労力を費やすことになるでしょう。

 

会社に取り立てがきてしまうと、確実に借金をしたことが周りにバレます。
消費者金融や銀行などの金融機関ですと、個人名で在籍確認をしてくることはありますが、金融機関名を名乗ることはしません。
借り手が想像している以上にプライバシーは厳守してくれますが、闇金にとっては借り手のプライバシーなど関係ありません。
会社に連絡が行ってしまい、居づらくなって辞めたという話は多いのです。
会社以外にも親・兄弟に連絡が行くこともあるので、絶対に踏み倒そうとは考えないことです。

 

闇金の取り立てを止めるためには、専門家の力を借りるしかないでしょう。
弁護士に相談・依頼をすれば、最短即日で取り立てを止めてくれます。
業者側としても弁護士が介入してくると面倒だと考え、他のターゲットに移行することが多いのです。
弁護士に解決を頼むと、借金を1円も返済しなくてよい状態にしてくれます。
状況に応じて警察とも連携し、取り立てをできないようにしていきます。
困ったら一人で悩まずに弁護士に相談してみましょう。